子供が結婚するときは

親は冷静に色々なことをチェックしてあげる

昔は子供の結婚式は親が取り仕切ると言うのが当たり前でした。しかし、そう言うケースは影をひそめ、現在では子供に任せると言うのが普通になっています。なるべく干渉せずに、子供の巣立ちを温かい目で見守るのは大切なことです。しかし、何も協力しない、口を出さないと言うのではいけません。子供たちは結婚式の準備で舞い上がってしまうこともあります。そんな子供たちに代わって、親は冷静に色々なことをチェックしてあげましょう。

アドバイスは大事です

たとえば、新婦の衣装を決めるときは、母親は色々アドバイスしてあげるべきです。バランスが取れているか、顔の映りやシルエットはどうかなどチェックしてあげましょう。また、料理を決めるときは、親も試食することです。そして、味や量が満足できるかを確認しましょう。また、招待客のリストアップは子供だけに任せてはいけません。結婚式に呼ぶべき親族や親の交友関係者についてアドバイスすることを忘れないようにしましょう。

結婚式の援助をお願いされたら

また、結婚資金の援助を希望するカップルは非常に多いです。援助をお願いされたら、まずは出せる金額を明確に伝えるようにしましょう。そして、予算に無理はないかを親の目でチェックすることも大事です。最後に全体的なプランをまとめるときは、かたよったプランになっていないか見てあげましょう。また、常識から外れるようなプランであっても頭ごなしに反対してはいけません。子供たちの言い分をきちんと聞いてあげることです。

結婚式場を東京で選ぶメリットの一つには、遠方からの交通の便がよく参加者が集まりやすいことが挙げられます。