結婚式は親族のみの結婚式がいいと考える人が増えています。

親族のみの結婚式にも様々なパターンがあります。

最近では大人数の結婚式ではなくて、本当に新郎新婦の二人に関係の深い人だけで行う親族のみの結婚式が多くなっています。しかし、親族だけだからこそ決めなければいけない事柄も多いということがあります。まず、場所についてです。結婚式といえば専用の式場やチャペルなどがありますが、結婚したことをお互いの親族のみに報告する食事会といった形式を取る場合も多くなっています。その場合には挙式専用ということにこだわらず二人が気に入っていたレストランやホテルなど様々なパターンで行うことができます。

親族のみの結婚式でも決めておくべきことがあります。

実際に親族のみの結婚式にすると決めた場合に決めておく必要のある事柄もあります。それは、一般的な式場のように司会を立てたりウェディングケーキや衣装などをどうするかということです。もちろん専用のところでない場合には自分たちで用意しなければいけないので事前の準備が必要になります。もちろん会の進行についてもある程度自分たちで決めておく必要が出てきます。一般的に行われている進行のパターンではなく、自由に決められるのは良い点ですが、それだけに新郎新婦が率先して動く必要があります。

親族のみの結婚式といっても費用の見積もりは大切です。

親族のみの結婚式にしようと決めた時に考えることは、大人数で行うのではないのだから予算は大体でも問題ないということです。しかし、実際には結婚式を行う会場や食事の内容などについて決めておくことが大切です。実際に家族のみだからこそ、自由度が高く省略できるところとそうでないところが出てくるということです。そういう意味では省略できるところは出来るだけ省いて料理など自分たちが一番重視するところに予算をかけるというのが一番いい方法です。

何かと費用がかかる結婚式。友人はホームパーティーなどに後日招待するなどして、結婚式なら親族のみだけでおこないましょう。費用がけっこうおさえられますよ。