婚約指輪と結婚指輪の違いを説明します

婚約指輪はダイヤモンドを使うことが多いです

婚約指輪は、結婚を決めてその誓約の証として、男性から女性に贈られる指輪のことを言います。男性が一人でどの指輪にするか決めるよりも、最近では、プロポーズの後に、二人そろってショップまで行ってどれにするか相談しながら選ぶことが多いようです。

婚約指輪の装飾は、中心にダイヤモンドを埋め込んだものが一般的で、それは、ダイヤモンドの硬さに二人の繋がりの固さを想像させたり、無色透明であることが純潔さを思わせて選ばれています。

結婚指輪はシンプルなものが好まれます

結婚指輪は、結婚式で誓いのときに、新郎と新婦がお互いに贈り合い交換する指輪のことです。丸い指輪は、永遠に続いていくことを表していて、つねに指に填めておくことによって、相手の存在をいつも感じ取れることができます。

そして、結婚指輪をしていることによって、口に出さずとも自分が結婚していることを周りにアピールすることができます。

結婚指輪はシンプルな装飾のものが好まれて、素材もゴールドやプラチナで出来ているものがほとんどです。

婚約指輪と結婚指輪の違いは装飾の多さにあります

婚約指輪と結婚指輪との違いは、まず普段使いをするかどうかです。結婚指輪はつねに指にしている必要があるために、日常生活の中で邪魔にならないようにシンプルに装飾がほとんど無い作りになっています。反対に、婚約指輪は二人の記念の証として思い出に残るようなものが好まれて、ダイヤモンドで飾られていたり、二人だけのオリジナルなものが選ばれたりします。

それなので、料金も結婚指輪のほうが大分リーズナブルになっています。

婚約指輪を購入しない人も最近では少なくありません。高いわりには、指輪をはめる機会があまりないからです。