ウエディングドレスを選ぶ時に考えておきたいこと

会場のことも考えて選ぶ

一生に一度だけ着ることになるウエディングドレス。女性なら誰だってこだわって選びたいですよね。自分の花嫁姿を最高にものにしたいなら、ドレスのデザインだけを見ていてはだめです。結婚式場との相性を考えて選んだ方が全体との調和が取れるので、より素敵な結婚式になります。それに、伝統的な教会で挙式をする場合は、肌の露出が多いとNGになることも多いですから、このような点でも場所の相性を前提にしなくてはだめなんです。

自分の体格や身長も…

ウエディングドレスに限った話ではないのですが、本人が着たいと思っている衣装と、実際に本人に似合っている衣装って必ずしもイコールではありませんよね。ウエディングドレスのドレスラインでも、長身の女性をきれいに見せてくれるものや体型をカバーしてくれるものなどがありますから、自分の体形や身長にあったものから選ぶことが大事なんです。自分だけでは客観的に判断しにくいですから、客観的にコメントしてくれて、センスがいい人に付き添ってもらってくださいね。

予算は大丈夫?お色直しも考える

予算内の金額で済ますことができるドレスかどうか、確認することも重要です。このデザインすてきだなと思っても、値段を見たらとんでもない金額で結婚式の予算を圧迫してしまう…なんてことになったら他のことにしわ寄せがいくかもしれませんからね。ウエディングドレスの予算は、平均で約20万円だと言われています。カラードレスの平均金額が約10万円ですから、合計で30万円はかかると思っておくといいでしょう。お色直しの回数は1回だけが主流です。

ウェディングドレスを選ぶには、サイズや素材、価格帯などを総合的に判断することが成功のポイントとなります。